田代製菓

意外と知らない人も多い?ケーキの正しい食べ方とマナーとは

正しいマナーで食べられているレモンケーキ

ケーキの正しい食べ方とマナーって知ってる?

この記事を読むための時間:3分

誕生日や季節のイベント、お呼ばれしたパーティーなど、さまざまな場面でケーキを頂く機会がありますよね。家族や友人とケーキを楽しむ時には気にならないものの、いざ、正式な場でケーキが目の前に運ばれて来た時食べ方のマナーがイマイチわからないという方も少なくないのではないでしょうか。今回は、ケーキの種類ごとに知っておくと便利な正しい食べ方とマナーについてご紹介しましょう。また、ケーキの種類を問わず抑えておきたい綺麗な食べ方おすすめのポイントもご紹介しましょう。

【ケーキ別】正しい食べ方とは

ケーキと一口で言ってもスポンジケーキやタルトケーキなど、硬さや見た目もそれぞれ違います。種類別でケーキの正しい食べ方を見ていきましょう。

ケーキ1:ショートケーキ

誕生日ケーキなどにもよく出てくる「ショートケーキ」は、クリームとスポンジが交互に重ねられたスポンジタイプのケーキです。ショートケーキは、フィルムが巻かれているため、フォークで巻きつけるように取っていきます。この際、ケーキとの接地面が内側に巻かれるように巻いて、お皿の端に置きましょう。ケーキを食べる時には、三角の尖った先から食べて行き、幅がなくなってきたらサイドから食べるのが一般的な食べ方です。いちごは、乗っている位置まで食べ進めた時に食べるのが基本です。

ケーキ2:ミルフィーユ

パイとクリームが重ねられた「ミルフィーユ」は、ケーキの中でも難易度の高い種類です。ミルフィーユの場合、奥まで一気に切ろうとすると、形が崩れてしまうことがあります。正しい食べ方は、半分まで切り分けて食べ、さらに残りの半分を食べるようにしましょう。また、クリームをパイに付けて食べるのも問題ありませんので、クリームを付けながら頂きましょう。

ケーキ3:タルトケーキ

クッキー生地が底に敷かれている「タルトケーキ」も、気をつけたいポイントが多いケーキです。タルトケーキの場合、生地の硬さが原因でフォークでお皿に大きな音を鳴らしてしまうことがあります。音を防ぐためには、ナイフを使用して切り分けながら頂くことが正しい食べ方になります。またナイフがない場合には、フォークを垂直に刺すように入れましょう。出来るだけ音が出ないよう慎重に入れることが大切です。

知っておくと便利!迷った時のマナーとは?

ケーキの種類ごとの食べ方について確認したところで、お次はケーキマナーでありがちな困った時のポイントをご紹介します。

マナー1:崩れやすいケーキの食べ方

高さのあるケーキや崩れやすいケーキは、迷わず横に倒して頂きましょうスポンジケーキやミルフィーユなどは、横に倒れやすいので先に倒して頂くと汚れることなく頂くことができます。

マナー2:ケーキスタンドの食べ方

アフタヌーンティーのようなケーキスタンドは、下から順に頂くのがポイントです。ケーキスタンドの場合、ケーキだけでなくサンドイッチやスコーンなどが乗せられています。特にスコーンは、フォークを使いたくなりますが、基本的に手でちぎりながら、スプーンでクリームやジャムつけて食べるのが正しい食べ方です。

マナー3:盛り合わせケーキの食べ方

ケーキの盛り合わせの場合には、まず溶けやすいアイス類から頂きましょう。基本の順番は、ケーキの中でも色が薄いものから食べていくようにするのがポイントです。ソースなどもスプーンですくって頂きましょう。

正しい食べ方をチェックしてケーキマナーを身につけよう

いかがでしたか?ケーキは、種類によっても食べ方がいろいろです。またケーキの種類に関わらず、困った時のマナーについても併せてご紹介しましたので、こちらの記事を参考にケーキ正しい食べ方を身につけましょう。