田代製菓

ロールケーキ発祥のルーツとは?誕生の歴史や意外なつながりまで紹介

発祥から愛されているロールケーキ

ロールケーキの誕生にはいくつかの説がある

この記事を読むための時間:3分

大人から子どもまで、年齢を問わず人気があるロールケーキ。そんなロールケーキがどのように誕生して、世界各地で親しまれるようになったのかご存知でしょうか。実は、ロールケーキの発祥や由来についてはいくつかの説があり、未だはっきりとしたものがないのです。今回は、ロールケーキ発祥に関する歴史と、世界でも親しまれているロールケーキについて詳しくご紹介していきます。

ロールケーキの発祥の歴史

今は定番のお菓子の一つとなっているロールケーキですが、いつ頃から食べられているのでしょうか。未だはっきりしない発祥の歴史のうち、有力とされている説などについてご紹介します。

ヨーロッパの「スイスロール」説が有力

ロールケーキの発祥として最も有名なのは、1880年~90年代にヨーロッパの料理本で紹介されていた「スイスロール」の説です。スイスのお菓子「ルーラード」が名前の由来となったと言われています。ヴィクトリア女王がスイスでの旅行中に見つけて、イギリスに伝えたという説もあります。

アメリカの「ジュリーロール」がヒット

ヨーロッパで紹介されたスイスロールは、その後アメリカに渡って「ジュリーロール」という名前で紹介されました。ジュリーロールはアメリカで人気が高まり、その人気がヨーロッパにも伝わったようです。その後、改めてヨーロッパでも注目されるようになったと言われています。

日本では山崎製パンの「スイスロール」が普及のきっかけ

日本では、1950年頃からロールケーキが普及し始めました。山崎製パンが販売した「スイスロール」が、日本でロールケーキが普及するきっかけだと言われています。スポンジケーキを厚めにカットして、薄くバタークリームを塗った後、くるくると巻き上げて作られていました。当時、スイスロールは美味しいと評判になり、家庭のおやつとして普及していきました。その後いろいろなお店でも販売するようになり、「ロールケーキ」として定着したのです。

 

2000年代になると、ロールケーキ専門店が登場し始めました。全国各地に専門店が広がり、コンビニスイーツとしても販売されるようになります。今では、家庭のおやつから定番のケーキとして、日常的に楽しむことができます。

世界で親しまれるロールケーキ

ロールケーキは世界各地で親しまれているお菓子ですが、国や地域によって、さまざまな特徴があります。ここで、日本では見慣れない、ちょっと変わったロールケーキをご紹介します。

スペイン「ジプシーの腕」

スペインで国民のおやつとして親しまれているロールケーキ。スペイン語で「ジプシーの腕(Brazo de Gitano)」と呼ばれています。スペインのロールケーキは外側が褐色になっているため、見た目が褐色肌のジプシーの腕に似ているところから、その名が付いたようです。焦がしたカラメルをロールケーキの表面に塗っているため、甘さの中にほのかに感じる苦みがポイント。日本人にも好まれる味わいのスイーツです。

台湾「ヤニックロールケーキ」

台湾にも変わったロールケーキがあります。「ヤニックロールケーキ」という、もちもちとした生地に雪のように溶けてしまう生クリームが絶品と評判のスイーツです。台湾でヤニックロールケーキが発売されてから3年で280万本も売り上げ、10秒に1本販売されるロールケーキとして話題となりました。現在では、日本でも販売されていて、その美味しさを楽しむことができます。

ポーランド「マコヴィエツ」

ポーランドには「マコヴィエツ」と呼ばれる有名なロールケーキがあります。脂質とタンパク質が豊富なケシの実をたっぷりと使っているのが特徴です。甘めに仕上げたケシの実をロールケーキに混ぜ込んで作られますが、意外と甘さ控えめに仕上がるので、甘いものが苦手な方にもおすすめできるスイーツです。

「伊達巻」はロールケーキがきっかけで作られた?

16世紀半ば、ポルトガルから日本に、果汁を混ぜたスポンジケーキを巻いて作ったお菓子が伝わったとされています。形としてはロールケーキの原型と言えるもので、「伊達巻」はこのお菓子を基に考案したと言われています。

ロールケーキのルーツを知っていろいろと楽しんでみよう

ロールケーキには、生クリームだけのシンプルなものやフルーツを巻き込んだもの、スポンジ生地に抹茶やきな粉など練り込んだタイプのほか、ケーキの上にデコレーションを加えたものなどがあり、さまざまなバリエーションを楽しむことができますイベントや季節ごとに選べるのも魅力の一つです。ロールケーキのルーツを知って、その奥深さを楽しんでみましょう。