田代製菓

プリンの発祥は?蒸し料理からプディングになるまでの歴史

プリンの発祥を知る

プリンの発祥は?日本に伝わるまでの歴史を解説

この記事を読むための時間:3分

世界中で老若男女に愛されているプリン。語源となっているプディングが食べられるようになったのはいつでしょうか。時代を超えて、さまざまな種類が誕生してきたプリンの発祥や、日本の家庭で食べられるようになるまでの歴史を紹介します。

プリンの発祥国はイギリス

プリンが誕生した国はイギリス。もともと「プディング」と呼ばれていて、イギリスの船上で初めて作られました。航海中は船にある食べ物を上手に使って料理をしなければなりません。料理後に余った肉や野菜を捨てるのではなく、卵液に入れて蒸したのがプリンの始まりです。

 

船乗りが考えたプディングの美味しさは陸上にも伝わり、肉や野菜ではなくフルーツやパンなどを具材に使って、甘いプリンが作られるようになりました。18世紀終わりごろには、具材を卵液と一緒に蒸す料理ではなく、卵液のみを固めたカスタードプリンが主流になったようです。

現代のプリンは「カスタードプディング」

現代、世界中でプリンまたはプディングとして知られている食べ物はカスタードプディングです。発祥となった船で食べられていたプリンとは違い、卵液に牛乳と砂糖を入れて蒸した甘いお菓子。

 

発祥地であるイギリスでは、プディングというと蒸し料理全般を指しています。しかし、日本人がプリンと聞いてすぐに思い浮かべられるのは、卵の素朴な甘みが感じられる「カスタードプディング」です。

プリンが日本に伝わったいきさつは?

現代でいうプリン、つまりカスタードプディングが日本に伝わってきたのはいつなのでしょうか。18世紀~19世紀ごろにヨーロッパで誕生したプリンは、どのように日本人にとってなじみのあるスイーツになったか解説しましょう。

プリンが日本で普及した流れ

プリンが日本で普及し始めたのは江戸時代後期。1872年には西洋料理通という料理書内で「ポッディング」という名前の料理で紹介されています。日本に入ってきた当初は、レストランで食べられる希少な食べ物でしたが、20世紀後半になってプリンの粉が発売されるようになってからは、家庭で作れるスイーツとして広まりました。

 

今ではプリンの定番と言える、グリコのプッチンプリンが発売されたのは1972年。その後、蒸したプリンだけではなく焼いたものや固めたものが登場して、プリンの食感のバリエーションが広がりました。

プリンの日とは?

日本では、5月25日がプリンの日に制定されています。実際には、毎月25日がプリンの日として日本記念日協会に認定されているようです。「オハヨー乳業株式会社」が25日にプリンを食べて「にこっ」となってほしい、という願いが込められている記念日。2010年にプリンの日が制定され、25日はプリンの新商品アピールに適した日となっています。

発祥から考えるプリンの作り方・種類

プリンの発祥を知ると、人々によって色々な作り方や種類が生まれてきた事が分かります。今、プリンの定番の作り方になっている3つの種類を簡単に紹介しましょう。

蒸しプリン

蒸しプリンは、歴史の最も古い作り方。卵液を型に入れて蒸し、卵を固めます。家庭で簡単に作れるように、フライパンや炊飯器を使う作り方もあるのが特徴。熱をじんわりと伝えて蒸してできるプリンは、焦げ目がなく口のなかでとろける食感です。

焼きプリン

表面に焼き色がついているのが特徴の焼きプリン。蒸すタイプと使う材料は同じですが、蒸すのではなくオーブンで焼いています。香ばしい香りと綺麗な焼き目がつくのがポイントです。しっかり食べごたえのあるかための食感が焼きプリンの魅力。

ケミカルプリン

「蒸す」でも「焼き」でもなく、冷やして固めるタイプがケミカルプリンです。卵を熱で固めるのではなく、凝固剤を使います。火加減を調節する必要がないので、料理が苦手な方でも簡単に挑戦できるのが特徴。

プリンの発祥を知って味わおう

プリンはイギリスの船で生まれ、世界中に広まった歴史の古いスイーツです。日本の家庭で食べられるようになったのは20世紀後半で意外と最近。カスタードプリンは定番ですが、色々な作り方があるのでプリンの歴史を感じながら様々な種類を味わってみるのもおすすめです。

北の菓子 菓風

北の菓子 菓風

和・洋とりまぜた新しいお菓子を通じて、世代を超えた家族の団欒・笑顔の場を提供します。

屋号 有限会社 田代製菓
住所 〒021-0041
岩手県一関市赤萩字亀田5-1
営業時間 平日:9:00~15:00
定休日 土・日・祝
代表者名 田代 幸彦 (タシロ ユキヒコ)
E-mail info@kitanokashi-kafuu.com