田代製菓

いちご大福の保存方法!翌日も固くならず美味しく食べる方法をご紹介

桜の花といちご大福

いちご大福の保存方法について

この記事を読むための時間:3分

「いちご大福を後で食べようと、とりあえず冷蔵庫に入れて置いたらカチカチになってしまった」という経験がある人は多いのではないでしょうか。今回は、翌日以降もいちご大福を美味しく食べることができる保存方法をご紹介します。また、3日以上後に食べたいという人に、冷凍保存方法についても解説するので、いちご大福を保存したい場合はぜひ参考にしてくださいね。

いちご大福を美味しく保存する方法

いちご大福を美味しく保存する方法は、保存したい期間によって変わります。2日以内に食べ切るのであれば、常温もしくは冷蔵庫がおすすめです。しかし、3日以上保存したい場合は冷凍で保存しましょう。

常温は2日程度

いちご大福は梅雨や夏場などの高温多湿の時期を除けば、常温で保存することができます。その場合は、直射日光が当たる場所は避け、10~20℃のなるべく涼しい場所で保管しましょう。

室温が高い時期は冷蔵庫に

室温が高い時期は、品質が劣化してしまうため、冷蔵庫で保管しましょう。その際、冷えすぎると餅が固くなってしまうので、野菜室に入れるのがベストです。また、餅の乾燥を防ぐためにラップで包んでから入れましょう。

 

食べる際は、冷蔵庫から出してしばらく置いて、室温に戻してから食べると餅が柔らかくなりますよ。冷蔵庫での保存期間も2日程度です。冷蔵庫に入れておけば、長持ちするイメージがありますが、美味しさをキープできる期間は常温保存と変わりません。なるべく早めに食べましょう。

冷凍は1週間を目安に食べ切る

いちご大福を3日以上保存したいのであれば、冷凍保存がおすすめです。冷凍で保存する場合は、一つずつラップに包んでから保存容器に入れて冷凍します。冷凍保存した場合は、1週間程度持ちますが、保存期間が延びるほど味が落ちてしまうため、早めに食べるようにしましょう。解凍方法は自然解凍か、冷蔵庫に入れての解凍が挙げられます。解凍するにつれて、いちごから水分が出てべちゃべちゃしてしまうので、解凍する際は放っておき過ぎないように注意してくださいね。

「北の菓子 菓風」のいちご大福は半解凍がおすすめ!

「北の菓子 菓風」のいちご大福は、冷凍でお届けします。お召し上がりの際は、完全に解凍しても美味しいですが、半解凍もおすすめですよ。半解凍の場合は、アイスクリームのようなひんやりなめらかなクリームと、シャリシャリとしたいちごでいつもと違う食感をお楽しみいただけます。夏の新食感和スイーツにいかがでしょうか。

いちご大福は時間が経つとしゅわしゅわする

また、いちご大福を食べた時に、しゅわしゅわすると感じたことがある人は多いでしょう。これは、いちごが自身のエネルギーを生み出す際に、水と炭酸ガスを発生させているためです。通常のいちごは、発生させた炭酸ガスは空気中に溶けていくので、しゅわしゅわ感は残りません。しかし、いちご大福は周りをあんこや餅に包まれており、炭酸ガスの逃げ場がないので、食べるとしゅわしゅわするのです。

 

また、いちご大福は中に包まれているいちごの皮についている酵母が、あんこの糖分と反応してアルコール発酵しています。この炭酸化とアルコール発酵がダブルで起こっているので、いちご大福は他のいちご菓子と比べてもしゅわしゅわ感が強いのです。そして、炭酸化とアルコール発酵は時間が経つにつれ、どんどん進みます。そのため、いちご大福のしゅわしゅわが苦手という人は、なるべく早めに食べることをおすすめします。

いちご大福は早めに食べよう

いちご大福は常温、冷蔵庫では2日程度、冷凍では1週間程度保存することができます。保存する際は、表面が固くならないように、ラップで包みましょう。また、冷蔵庫で餅が固くなってしまった場合は、しばらく置いて室温に戻すことで美味しく食べることができます。ただし、常温で放置し過ぎると、いちごから水分が出てべちゃべちゃしてしまうので注意が必要です。

 

さらに、いちご大福は時間が経つと炭酸化とアルコール発酵により、しゅわしゅわ感が増してきます。品質の劣化や、強いしゅわしゅわ感を避けるためにも、いちご大福は保存可能な期間内でも早めに食べることをおすすめします。